ブログ運営のコツ

何を書けばいいか分からず手が止まってしまう

ブログやTwitterを書く時

何を書けばいいか分からず手が止まってしまう

自分の感情を観察する習慣をつけましょ。

例えば新作映画のCMを見て「面白そう。見に行こうかな」と思ったら、即座に「なんで自分はこの映画を面白そうと思ったんだろう?」と心の中を観察してみる。

言語化する

ケース①
「天気の子の予告CMを見て面白そうと思った理由」
・絵が綺麗
・前作は見たこと無いけど評判良いらしい
・世界を変えてしまった?どういう風に?
と気になった。

をツイートする

応用例

1:予告編を見たときの印象
2:本編を見た後の感想(ネタバレあり)
3:ここは改善して…と思った点
4:どんな人にオススメか?
5:総評

映画の予告編の感想だけを先に記事で上げといて、映画を見に行った後に追記すれば1記事出来上がる。

ブログを読者に読みやすくする為の工夫

読者は、基本読み流しです。

先に結論を書く必要があります。

結論を買いた後で、根拠を書く事でもっと知りたい人は

先まで読みますが、結論を知っただけで良い人は

確実に離脱するのです。無駄にTVのように引っ張ると離脱するだけです。